トップ > 法人契約とは

Modern Bridge

法人携帯導入

経理の業務効率アップ

とってもシンプル。
あなた・御社に合ったものを選んでください。

毎月の携帯電話請求業務

効率がアップ!

経理の方は、毎月の通信費の精算業務で意外と苦戦していませんか?


特に法人名義で携帯を導入していない会社の場合、個人からの各キャリアの利用明細を元に金額を確認するなど慣れても大変な作業ばかり。

 

請求金額がわかるのも月末で、 部署ごとに請求書を分けたり個人ごとに費用を使いすぎていないかなどチェックしたりと、時間が掛かるものです。

 

法人契約で携帯を導入すればまとめて一括管理ができるので経理の業務効率がアップします!

今月の請求がどれくらいかかるかを早めに把握したい

ビジネスミーティング

毎月請求金額に波がある場合、比較的基本料金が安いプランにしている事が多くあります。


基本料金の安いプランの場合は通話単価が高いので、いつもより多く通話してしまうと高い通話料を請求される事になります。

 

明らかに通話料が多くなる事が分かっている月など、事前にプランを変更する事で無駄なコストを削減できます。

 

また、3ヶ月くらいの長い期間でどれくらいの通話をしているかが分かれば最適なプランで利用する事ができます。


法人契約であれば毎月のプラン変更も簡単です。

部署ごとに請求書を分ける作業を簡単にしたい

ビジネスミーティング

毎月の携帯電話の請求を個人別や部署別に請求書を分ける作業も台数が多くなるほど面倒。どの部署の誰がいくら使っているなど、1台ずつ見ていくのは結構大変です。


法人契約であればこういった作業も簡単。

 

オンラインで確認できて、使った費用を部署別に集計する事もできます。 今までのように携帯電話番号毎にいちいち計算する必要もなくなります。また、通話料など請求額に不明な点があった時は携帯電話別の通話明細もオンラインで確認できます。

個人利用と法人利用を明確にして法人携帯を利用したい

ビジネスミーティング

個人携帯にて会社で使用した通話料を手当てとして毎月社員に支払っていたり、法人携帯を支給し一定の金額までは会社で持つがそれ以上は個人に個別で請求している企業であれば、請求書一括サービスが便利。

 

請求書一括サービスであれば会社側で一定の金額を設定し、それを超える請求については直接個人に請求する事ができます。


今まで通話明細を見て1台1台個人に請求する必要が無いかをチェックしたり、毎月通話料を確認して社員に手当てを支給するなどの作業が無くなります。

 

会社としても毎月決まった金額で通信費を見ることができるので非常に管理しやすくなります。

 

個人利用と法人利用を分けられるので手当てが足りないなどのトラブルも防止できます。

法人スマホ比較表最新.png